新聞広告.jp

信頼性・社会性・公共性に優れた新聞広告は企業広告・CSR情報の発信やブランディングに最適です。
エリアの最適化とタイムリーな展開が可能な新聞広告を是非ご検討ください。

フリーダイヤル:0120-189-559
東京:03-5795-0909 / 名古屋:052-955-4900 / 仙台:022-217-8080

新聞広告の種類

新聞広告を掲載位置によって分けると記事下広告雑報広告に大別されます。新聞紙面は、ほぼどの新聞も記事欄と広告欄が罫線で区分されており、この線より下に掲載されている広告を「記事下広告」、この線より上の記事の中にある定型の広告を「雑報広告」と呼んでいます。さらに雑報広告にはその掲載体裁により「題字下(題字横」・「突出」・「記事中」・「記事バサミ」などがあります。

新聞広告の種類

(1)記事下
記事下広告は、広告が占める段数と横幅によって様々に展開が可能です。掲載する内容とご予算に合わせて掲載サイズをご検討ください。※下記サイズ表参照
(2)題字下(題字横)
題字の下あるいは横に1枠だけ設けられる貴重な広告枠です。新聞によって、そのサイズが違います。企業広告などによく活用されています。
(3)突出(つきだし)
記事下広告欄のすぐ上、左右両側の記事欄に突き出した形で掲載されます。基本的に2段での展開が一般的ですが、天地を3段にした大型突き出しもあります。紙面の両端に掲載されるため切り取りやすく、クーポン広告としても多く活用されています。
(4)記事中
編集記事の中に掲載される広告枠で、記事を読む際に読者の目に止りやすく、小さいながらも注目度が抜群です。1段の中に、十数行の幅で掲載されます。
(5)記事挟み
記事面の中に1cm×1段などのサイズで掲載される広告です。基本的に1段の中に掲載されます。

記事下広告のサイズ

記事下のサイズ

※サイズ(mm)は新聞により異なるため、一例です。

新聞紙面構成は新聞社によっても違いはありますが、一般的に現在の記事欄は12段から15段の間で構成されています。しかしながら広告に関しては1ページの縦を15分割した「15段組」となっており、この段数が記事下広告の縦の単位となります。また、横のサイズは1ページの横幅を何分割したかで表します。(以前ほどんどの新聞の記事面が15段だった名残です)

例えば新聞1ページの全面広告は、縦が15段、横は1ページの横幅を最大限使うので「全15段」ということになります。
縦が5段で横幅は1ページだと「全5段」、全5段の横幅を2分割すると「5段1/2」、「5段1/2」の縦が2段分だと「2段1/2」となります。新聞社によって、「1/2」を「2割」と呼ぶ場合や、「5段1/2」を「半5段」、「2段1/2」を「半2段」と呼ぶ場合もあります。

【活用例】
紙面の制作自由度が高く大変汎用性の高い広告スペースで、いろいろな活用事例があります。
例)商品広告、セール告知広告、不動産関係広告、企業広告、竣工広告、オープン広告、中古車物件広告、イベント・セミナー広告、他

記事下広告のサイズ一例

サイズ一例


※広告のサイズはほんの一例です。全10段、全7段、全4段、全3段、4段1/2、4段1/4、3段2/1 等他にも多種ございます。必要なスペースと予算を考慮しながらプランニングしたしますので、お気軽にお問合せください。
広告の種類:詳細はこちら
お詫び新聞広告

ページトップ